ピアノ小物

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?
Pocket
LINEで送る

小さいお子様がピアノを習い始めると同時に必要になるのが、ピアノと補助台です。

今回は、その補助台についてなのですが、補助台ってなんで必要なの?と思いますよね?

お子様がピアノの椅子に座ると、足が床に届かないので、補助台をおいて足を固定させておく必要があります。

その補助台、新しく購入するとなると、結構高くて、1万円前後します。

手作りできたり、代用できるものはあるのかどうか、紹介していきます。

今回は、ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?と題してお届けします。

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?

お子様の練習用の補助台、買うと高いし、安い材料で簡単に手作りできたらな…と思っている方いらっしゃるかと思います。

そもそもなぜ補助台は必要なのでしょうか?

 

補助台の役割

ピアノの椅子は、高さの調整ができますよね。

ピアノを弾くときは、自分の体とピアノの高さに合わせて、椅子の高さを調整しないといけません。

たまに、高さ調整ができない普通のダイニングテーブルなどの椅子を、使っているのを見かけますが、NGなんですね。

例えば、バイオリンは体に合わせたいろいろなサイズの楽器があるので、成長に合わせて買い替えていきますね。

ピアノは、床から鍵盤の高さは変えることはできません。

なので、お子様の体に合わせて、椅子の高さを調整する必要があります。

小さいお子様だと、椅子は高めになりますね。

そうすると、足は宙ぶらりんの状態です。

足が宙ぶらりんだと、足をぶらぶらしたり、ピアノの下の板を足で蹴りつけたり、足で遊んでしまいがちです。

それと、体が不安定になり、指の力が鍵盤にうまく伝わらなくなります。

そのため、足置きとなる補助台を置いて、地に足をつけてピアノを弾けるようにします。

こうすることで、体の重みがきちんと手に伝わって、ピアノが弾きやすくなります。

お子様のピアノの上達のためにも、補助台は必須といえます。

 

ピアノの補助台の手作り方法

まず、ダイソーで販売されている発砲スチロールブロックで作る補助台を紹介したいと思います。

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?
出典:https://iemonocatalog.com/styrofoam-block-itemlist/

用意するもの

・発砲ビッグブロック(縦18cm×横37cm×高さ9.5cm) ×1 200円

・発砲レンガ(縦10cm×横20cm×高さ5cm) ×3 100円

・両面テープ 100円

全てダイソーでそろいます。

上の画像では、「発砲ミニブロック」で穴が開いているものですが、これよりも小さい方の「発砲レンガ」は、穴が開いていないので、両面テープが貼りやすく、やりやすいですよ。

補助台は、お子様が成長するにつれて、高さを変えていかなければなりません。

なので、段階的に高さを調整できるように、貼り替えて調整していきます。

4段階の高さ調整ができるます。

1番高い補助台

①小さい発砲レンガの側面(長い方)に両面テープを貼る

②大きい発砲ブロックに、①を貼り付ける

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?

このように、H型になるように貼り付ける

③H型の面を下に向けたら、完成!

お子様が成長され、補助台の高さが高すぎて足が窮屈になってきたら、以下のように貼り替えていきます。

2番目に高い補助台

①H型にしていた小さい発砲レンガを剥がす

②発砲レンガの広い面に両面テープを貼る(寝かせて貼れるように)

③川の字のように並べて貼り付る

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?

このような感じです。

④貼り付けた面を下に向けて完成!

 

3番目に高い補助台

①小さい発砲レンガを剥がして、大きい発砲ブロックのみで使用

 

一番小さい補助台

①小さい発砲レンガ3つの側面を貼り合わせて完成!

市販の補助台のアシストツールは、4cm、6.5cm、9cm、11.5cmの高さに調整が可能です。

ネジ式であれば、12.5~20cmで調整ができます。

この手作りの補助台は、5cm、9.5cm、14.5cm、20cm なので、市販の補助台と同じような高さを再現することができています。

剥がすときは、力を入れつつ、そーっと少しずつ剥がしていかないと、発砲ブロックが割れてしまうことがあります。

気になる場合は、両面テープを短めにしておくと安心かと思います。

この補助台の下に滑り止めなどがあると、使いやすいですよ!

ダイソーのこの商品は、カラーバリエーションも豊富でお子様の好きな色を選んでもらって、作ってみてはいかがでしょうか?

 

段ボールや牛乳パックで作る

もっと節約できる方法があります!

段ボールや牛乳パックを使って作る方法です。

 

段ボールの補助台

丁度いい高さの段ボールを用意しましょう。

段ボールだけだと、強度が弱く、すぐにベコベコになってしまうので、以下のように、補強をすれば、使えますよ!

やり方さえ覚えておけば、災害時も役立ちますね。

牛乳パックのの補助台

牛乳パックの補助台は、牛乳パックを貼り合わせるという単純な方法です。

用意するもの

・牛乳パック ×18個分

・新聞紙や広告

・木工用ボンドやガムテープなどの接着剤

どんなご家庭にでもあるものでOKです!

作り方

①牛乳パックそのままでは強度が弱いため、牛乳パック18個のうちの半分の9個分にの牛乳パックの中に、新聞紙などをぎゅうぎゅうに詰め込む

②①をガムテープなどで、口を閉じる

③残った半分の牛乳パックを、②の閉じた口の方から、差し込む

④強度が増した牛乳パックを、3個×3個で正方形になるように木工用ボンドやガムテープなどで貼り付けて完成!

見た目が気になる方は、かわいい布や色紙などを貼り付けたりすると、いいと思います。

成長したら、牛乳パックを切って、高さを調整しなおして、作りかえる必要がありますね。

 

ピアノの補助台は代用できるものはある?

ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?

作るなんてめんどくさい!という方は、本格的な補助台を買わなくても、もっと安いもので代用できます!

要は、足を置くことができればいいのですから、丁度いい高さの台であれば、それで大丈夫です。

上の画像のような、折り畳みの踏み台、家にあるご家庭も多いのではないでしょうか?

 

踏み台で代用

折り畳みの踏み台などで代用できます!

この折り畳みの踏み台は、ニトリとか、100円均一にも売っていると思います。

高さが低めの20cm前後のものだったら代用が可能かと思います。

 

すのこの台で代用

ちなみに、私が小さいころピアノを習っていたときは、このようなすのこを使っていましたよ。

100円均一でもすのこ売っていますし、材料を組み合わせて、DIYするのもいいと思います。


 

お風呂椅子で代用

お風呂椅子は、意外と使いやすいと思います。

100円均一でもありますよね。

背もたれもありませんし、高さのレパートリーも多いかと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ピアノのペダルの補助台は、やはり使った方がいいですよ。

補助台は買うとなると、結構高くつきますので、手作りした方がお得でいいかと思います。

踏み台など、ピアノ用の補助台よりも安く代用できるものもありますので、それぞれに合った方法で、検討してみてはいかがでしょうか?

以上、ピアノのペダルの補助台は手作りできる?代用できるものはある?と題してお届けしました。