ピアノの仕組み

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!
Pocket
LINEで送る

グランドピアノのサイズはどれぐらいなのでしょうか?

グランドピアノは、小さいサイズから大きいサイズまであります。

サイズが違うとなにか変化することはあるのでしょうか?

ヤマハC3タイプのグランドピアノや、部屋のサイズに見合ったグランドピアノも紹介します!

今回は、グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!と題してお届けします。

 

グランドピアノのサイズはどれぐらい?

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

グランドピアノのサイズを具体的に見ていきます。

ヤマハの型で紹介していきます。

だいたいどのメーカーも似通ったサイズ感になっています。

高さ奥行き
A1、Z1、GB1K99~101cm146cm149~151cm
G1、C1101cm148~149cm160~161cm
G2、C2100~102cm147~149cm169~175cm
G3、C3100~102cm147~149cm181~187cm
G5、C5100~102cm148~154cm196~200cm
C6102cm154cm212cm
G7、C7100~102cm154~155cm223~227cm

アルファベット=シリーズ、数字=サイズと認識してください。

「C」が年式が新しく、「G」が年式が古いタイプです。

数字が大きくなるにつれて、奥行きが長くなっています。

現行モデルは、Cシリーズで、C1X、C2X……というように、最後にXがついています。

この最後のアルファベットも年式によって変わったり、最後のアルファベットがない年代もあります。

高さと幅はさほどタイプによって差はありませんが、奥行きが大きく違います。

家庭用のピアノでよく使われるのは、G3、C3タイプまでの小さいサイズを選ばれる方が多いですね。

C5~C7タイプの機種は、稀に調律で見かけることはありますが、一般家庭ではほとんどありません。

住宅事情を考えると、3型ぐらいが無難でしょう。

ちなみに、ヤマハの上位機種のサイズがこちらです。

高さ奥行き
S3X101cm149cm186cm
S6X102cm154cm212cm
CF4102cm151cm191cm
CF6102cm154cm212cm
CFX103cm160cm275cm

CFXがフルコンサートグランドといって、大きいコンサートホールで使われるグランドピアノです。

 

小さいものや大きいものとの違いを比較

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

グランドピアノのサイズはたくさんありますね。

サイズによってどういう違いがあるのか、比較しながら見ていきましょう。

アップライトピアノのサイズを紹介したときの説明とかぶるところがあるかと思いますが、一から説明していきます。

↓アップライトピアノのサイズの記事はこちらをご覧ください。

>>アップライトピアノのサイズを紹介!小さいピアノはマンション用に適している?

 

弦の長さ

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

グランドピアノの弦は、弾く側から、手前から奥まで張られています。

奥行きが長くなると、もちろん弦が長くなります。

音の伸びがよくなり、音に深みが出て、奥行きがでます。

アップライトピアノと比べると、弦の長さも長く取れるので、響きの違いを特に低音は感じていただけるかと思います。

コンサートホールなどでは、大きいグランドピアノが使用されますが、やはり、弦が長い分、音の伸びも迫力も出て、聴いている方も、演奏している方も心地よい気持ちになります。

先ほどちらっとお話した、最新のヤマハのフルコンサートグランド「CFX」がこちらです。

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

出典:https://jp.yamaha.com/products/contents/pianos/grand_pianos_jp/about_cfx/index.html

奥行きが2メートル75センチなので、弦はものすごく長いです。

小さめのグランドピアノに比べると音量も圧巻の響きですよ!

 

響板の大きさ

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

出典:https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/pianos/grand_pianos/cx_series/features.html#product-tabs

ピアノの裏側には、響板というスピーカーの役割を担う響板という大きな木の部品があります。

ピアノは、ハンマーで弦をたたき、弦を振動させ、その振動は駒という部品を経由して、響板へ振動を伝えて、音を響かせています。

響板は大きい方が、小さい音から、大きい音まで鳴らすことができます。

よって、グランドピアノの大きさが大きいほど、音量の幅が広がり、表現がしやすくなります。

グランドピアノの響板は、アップライトピアノよりももちろん大きい面積なので、より表現の幅を広げて演奏することができます。

 

鍵盤の長さの違い

グランドピアノの鍵盤も、アップライトピアノ同様、奥に続いています。

アップライトピアノと同じように、支点があり、シーソーのように支点を軸に鍵盤が動きます。

この支点までの距離が長いほど、演奏している人の力加減が伝わりやすくなるため、表現がしやすくなります。

 

側板の厚みの違い

グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!

出典:https://jp.yamaha.com/products/contents/pianos/grand_pianos_jp/about_cfx/index.html

上部の画像のように、斜線でしめしているところが側板です。

この側板がグランドピアノのサイズによって厚みが変わります。

大きくなると厚みが増えて、グランドピアノの強度を保つことができます。

この側板も木材でできているため、弦の振動が側板に伝わり、バランスよく音を響かせることができます。

グランドピアノは、本体全てで音を奏でているのです。

 

部屋の広さに見合ったおすすめのグランドピアノのサイズ

グランドピアノを置くとなると、だいたいは、一部屋を全てをピアノの部屋にするという家が多いかと思います。

防音室にグランドピアノを置く場合も多いかと思いますので、3畳の部屋から紹介していきます。

何畳でどのぐらいのサイズのグランドピアノを置くことができるのか、気になりますよね。

グランドピアノは、サイズが様々です。

サイズによって音量も変わりますので、部屋の大きさに見合ったピアノを置かないと、人が通れなくなったり、うるさくて大変なことになりかねません。

部屋の大きさに見合ったピアノの大きさのおすすめを紹介していきます。

 

3畳の部屋に設置できるグランドピアノ

3畳の大きさだと、だいたい防音室にグランドピアノを設置するケースですね。

3畳であれば、単純に考えると、G3やC3までのサイズのグランドピアノは入りますが、椅子を置くスペースや、人が通るスペースも確保できません。

あと、部屋のドアの開け閉めも、ドアが部屋の方にに開く場合、ドアを開け閉めすることもできませんね。

なので、A1、Z1、GB1K、G1、C1、G2、C2 etc…

このぐらいのサイズのグランドピアノなら、椅子に座るスペースは出てきます。

ただ、壁ギリギリのなるので、弾く側のスペースはあっても、その他のスペースは人が通れない状態になっていしまいます。

ドアが部屋の方に開く場合は、開け閉めできなくなる可能性もあるので、気を付けてください。

音もこのぐらいのサイズであれば、うるさくなりすぎることもないでしょう。

 

4畳の部屋に設置できるグランドピアノ

4畳あれば、G3、C3までのサイズのグランドピアノを設置できます。

音も自然に広がってくれるかと思います。

先ほどの、C1やC2のサイズも4畳あれば、余裕をもって設置できるかと思います。

私は、グランドピアノを置くなら4畳以上のスペースはほしいなと思っています。

 

4.5畳の部屋に設置できるグランドピアノ

このぐらいの大きさになるとG5、C5、C6のグランドピアノも設置できます。

ただ、C5やC6タイプになると、音量はかなり大きいです。

強いて言えば、もう少し広い部屋の方が、音量的には望ましいかなぁと思います。

一般家庭で、このサイズのグランドピアノをお持ちの人は、なかなか見受けられません。

 

ホールやサロンでのおすすめのグランドピアノ

やはり、一番いいのは、フルコンサートグランドの「CFX」ですね。

CFXのランク下の機種、CF4やCF6もヤマハの上位機種ですし、いいと思います。

SXシリーズもおすすめです。

ですが、値段もかなりしますので、先ほど紹介した、C5やC6、C7でも十分響かせることはできるかと思います。

 

グランドピアノを置く際の注意点

調律をするときに、大変なことになることがあるので、気を付けていただきたい点があります。

①グランドピアノのペダル付近にものを置きすぎないでください。

②グランドピアノの右側と壁との間に人が通れない場合、グランドピアノの右側のくぼみのスペースは人が入れるように空間はあけておいてください。

③防音室に置く場合、グランドピアノの大屋根を解放できる高さに設定してください。

①ですが、グランドピアノの下の空間、物置にされがちですが、ペダル付近にものを置くのはできるだけ避けていただきたいです。

ペダルの不具合が出た時に、調整ができなくなってしまいますので、ペダルの付近にはものを置くのは避けてください。

通気性の面も考えて、グランドピアノの下には、可能な限りものを置かない方がいいですよ。

②は、調律をするときに、グランドピアノの大屋根を解放します。

その際、通常は右側のスペースから、大屋根を持ち上げて解放します。

しかし、部屋が狭く、右側に入れない場合、グランドピアノの下をくぐって、グランドピアノのくぼみのところに行って、大屋根を解放します。

力のある男性調律師であれば、弾く側から大屋根を持ち上げて解放する方もいますが、女性調律師の場合は難しいことが多いです。

右側にスペースがない部屋で、グランドピアノのくぼみのところがものでいっぱいで、大屋根を解放することだけで、時間がかかったことがあります。

ぜひ気を付けていただきたいです。

③は、言うまでもないですが、大屋根を解放しないと基本的に調律はできませんので、防音室などの工事をする際は、高さも気にしてください。(できないことはありませんが…)

あと、照明なども、大屋根を開ける際、ひっかかる可能性がありますので、気を付けていただきたいです。

 

まとめ

グランドピアノのサイズは様々です。

一般家庭でよく使われているグランドピアノは、G3やC3までのサイズのものです。

小さいサイズでいうと、現行モデルだとGB1Kは、こぶりのグランドピアノなので、3畳ぐらいあれば、設置できますよ。

グランドピアノの大きさが違うと何が変わるかについては、ほとんどアップライトピアノと同様の内容でした。

大きく変わるのは、やはり弦の長さです。

小さいグランドピアノでも、アップライトピアノと比べて弦が長くなりますので、深みのある音色を響かせることができます。

グランドピアノは、部屋の広さによっても、サイズを選別した方がいいですよ。

以上、グランドピアノのサイズはどれぐらい?小さいものや大きいものとの違いを比較!と題してお届けしました。